井上真央主演『おひさま』平均視聴率18.8% 『ゲゲゲの女房』上回った

女優・井上真央がヒロインを務め、1日に最終回を迎えたNHK朝の連続テレビ小説 『おひさま』 の期間平均世帯視聴率が18.8%(関東地区)だったそうです。前作『てっぱん』の17.2%、前々作『ゲゲゲの女房』の18.6%を上回り、平均視聴率が20%を割った2003年後期以降に制作された16作品中、4番目に高い記録となりました。



 『おひさま』は長野・安曇野と松本を舞台に、戦前、戦中、戦後を“おひさま”のような明るい笑顔で人々を照らし続けたヒロイン・陽子(井上真央)の半生を通じて、強く優しい日本の母の原点を見つめ直すストーリー。井上真央の夫役を高良健吾が演じました。



 朝ドラの平均視聴率は初めて20%を切った2003年後期以降では『純情きらり』(06年前期/主演・宮崎あおい)と『どんど晴れ』(07年前期/主演・比嘉愛未)が19.4%、『てるてる家族』(03年後期/主演・石原さとみ)が18.9%、今作がそれに続く18.8%と高い人気となりました。
  









提供:ノートPC神戸楽天ショップ











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神戸のサラリーマン

Author:神戸のサラリーマン
神戸勤務のサラリーマンが芸能情報を発信中!!

アフィリエイト 矢野未夏 the BEST ブルーレイプレミアム BAGUS[Blu-ray]
こちらも・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX