「八日目の蝉」が東京で特選試写会するとのこと

本年度の映画賞レースを独り占めしそうな傑作が誕生しました。「孤高のメス」の成島出監督が、角田光代原作のベストセラー同名小説を映画化。映画オリジナルとなる部分を随所に織り交ぜて、傷ついた人々が悲しみや孤独を乗り越えていく様を描きます。



 中絶経験のある希和子(永作博美)は、不倫相手(田中哲司)と本妻(森口瑤子)との間に生まれた赤ん坊を連れ去ります。4年後、誘拐事件は幕を下ろす。突然“母親だと思っていた人物”から引き離されて、実の親元へ戻った恵理菜。21歳となった彼女(井上真央)は、実の親と向き合う事ができないでいました。そんなある日、恵理菜は妊娠しました。相手は父と同じく妻のいる男性でした。
  




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神戸のサラリーマン

Author:神戸のサラリーマン
神戸勤務のサラリーマンが芸能情報を発信中!!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX 矢野未夏 the BEST ブルーレイプレミアム BAGUS[Blu-ray]
こちらも・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX